好きなお店の共通点。わたしの身体を冷やすものは

かき氷屋さんの話。
良いお店ってなんだろう?

  • 店主の人柄
  • 提供スピード
  • 氷の美味しさ
  • 豊富なトッピング
  • シロップへのこだわり

様々な要素はあるけれど、良し悪しは人によって違ってくる。一概に言えない。

わたしが重視するポイントはなんだろうか。

頭の中で好きなお店を巡っていると、1つの共通点が見えてきた。

その共通点とは店内環境にあり。

重要なのは、強すぎない冷房

 

とある真夏日のこと。
まだ食べたことのない1杯をSNSで見つけた。

「なんて豪華なトッピング。きれいに撮ってあげたい。食べたらどんな味がするんだろう」

物欲ならぬ氷欲が。
心の奥底から沸々と湧き上がる。

氷欲を満たさなければ。
何事も手につかなくなってしまう。

暑くて出かける気分ではなかったけれど、かき氷のためなら足が動く。汗だくになりながらお店へ。やっとの思いで到着した。

扉を開けて中に入った瞬間一言。

「あぁ涼しい」

冷房が効いた店内。わたしの身体が冷気を帯びていく。直射日光や湿気から解放され、生き返ったと思った。

その後、席に案内され目当ての品を注文。しばらくすると運ばれてきた。

序盤は美味しい。
だけど半分もいかないうちにキツくなる。

わたしの身体、もうすでに冷え切っていたから。夏だけど上着を欲するくらいに。寒さのあまり、ぶるぶると身体を震わせながら食べたこと、苦い思い出です。

温かいお茶や白湯を提供するところもあるから「冷房が効いたお店 = イマイチ」とは限らない。すぐに溶けないメリットもある。

それでも…
以前のような体験はもうしたくないな。

だからこそ、かき氷の美味しさに加え、店内環境を重視するようになりました。ベストなコンディションで受け入れたい。

 

先日も冷房に頼らないお店へ。

わたしの体温を下げるものは。

天井から静かに冷気を発する君じゃないんだよ。

できることなら身体の内側から。

目の前にいるこの子に冷やしてほしいな。

文・写真:わたし
イラスト:MihoMiyata