【京都】お茶と酒 たすきのかき氷。ベリーベリーホワイトを食べてきました!

京都に用事があったので。
近くにかき氷のお店ないかな?と思い探してみると発見。

祇園に店舗を構える「お茶と酒 たすき」へ行ってきました!

ここで食べたかき氷、美しすぎたのでせめて写真だけでも見てほしい

「お茶と酒 たすき」へ

2019年11月25日訪問。
冬の訪れを感じる寒さのなか、名古屋から京都へ。

開店10分前に到着。
平日ということもあり先客は1人だけ。

長い行列ができていたらどうしよう…という不安は杞憂でした。冬は待ち時間なく入れるから最高!

 

おしぼりで気分上がる。
このあと登場する1杯に期待高まる!

ベリーベリーホワイトを注文

わたしが注文したメニューはこちら。

この時期限定の「ベリーベリーホワイト」です。

まあるいフォルム。
そして真っ白な見た目が特徴的。

事前に写真を見ていたため、どんなものが運ばれてくるのか分かってはいましたが、本物を目の前にすると改めて驚く。なんて美しいかき氷なのか。

 

豪華な器も◎
光が反射し、かき氷そのものがキラキラ輝いて見えました。

 

かき氷に対して「神々しい」と思ったのは初めてかもしれません。

 

きめ細やかな甘いクリーム。
外側を覆うよう全体にコーティングしているから、最初から最後まで氷とクリームを一緒に味わえる。

内側にはたっぷりのベリー。ほぼほぼ赤色の染まっており、満遍なくシロップがかかっていました。

パイ生地も隠れていて、様々な食感を楽しめる。食べていて飽きのこない1杯。

ボリューム満点おいしかった〜!!

 

食後に温かいお茶を飲んで一息。

また来年も食べたいし、春夏のメニューも気になっています。いずれにしても再び訪れたい。

メニューをメモ書き

  • 抹茶みつ 練乳付き(1,100円)
  • 焙じ茶みつ きなこ練乳付き(1,100円)
  • なま大福(1,400円)
  • ベリーベリーホワイト(1,900円)

この日のラインナップは以上。
4種類のかき氷を提供していました。

ほかにも「生ゆばと小豆の黒蜜きなこがけ」「麩まんじゅう」「焼き栗麩のぜんざい」など、甘味メニューも充実。かき氷を食べない友人と訪れるのもいいな。

店舗情報

営業時間 月〜土:11時〜20時
日・祝:11時〜19時
定休日 不定休
住所 京都府京都市東山区末吉町77-6
最寄駅 祇園四条駅
(京都河原町駅からも歩いて行ける距離)
公式サイト お茶と酒 たすき

※最新の情報は公式サイトをチェック!

地図

お店の入り口は北側。
水路に橋が架かっています。

公式SNS

見つかりませんでした。